TOP > Webサイト品質管理サービス MARS QUALITY > 孤立URLの検出

孤立URLの検出 - MARS QUALITY

孤立URLとは

MARS QUALITYはリンク元を持たない孤立URLを検出し、増え続ける不要ファイルを消す手掛かりを提供します。

孤立URLをなくすことにより、Webサイト運用にまつわる問題を回避することができます。

孤立URLが招く深刻な問題

Google等の検索エンジンは、リンク元が存在していた当時から、孤立URLを検索対象として保有し続けています。もしお客さまが検索エンジンを利用した場合、孤立URLにアクセスしてしまう可能性があります。この状態で運用を続けていると、Webサイトの品質が低下するばかりか、購入時のトラブル、サポートのコスト増大など、影響は多岐に渡ります。

顧客トラブル

終了したキャンペーンのページ(新発売など当時は新鮮だった内容)が放置されており、それを見て購入されたお客さまからクレームが寄せられた。

コンプライアンス違反

不適切なファイル(画像など)がアップロードされていた。

セキュリティ

脆弱性のあるjsが使われているページが孤立URLとなり、放置されていた。

ブランドイメージ低下

古い情報が残っていることをお客さまが不審に感じられた。

孤立URLチェックの仕組み

自動チェック

クローラがリンクを辿ってページを巡回し、Webサイトの構造(URL一覧・ファイルのリンク関係など)を分析します。1回目のクロールでは比較する対象がないため、まだ孤立URLの検出はできません。2回目以降のクロールで新旧の構造情報を照合し、孤立URLの発生を検出します。

孤立URLは不要ファイル?

孤立URL画面キャプチャ

孤立URLの中には、検索エンジンからのLPO対策や、外部サイトからのリンクを目的に作成されたファイルも含まれている可能性があります。

検出された孤立URLが不要ファイルかどうかは、削除する前に必ず内容をご確認ください。

効果

お問い合わせ

Webサイト品質管理サービス MARS QUALITYに関するご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ

Page TOP