MARS FLAG
日本 | Global
サイト内検索MARS FINDERの検索結果ページの使い方を紹介するページに移動します。「キーワード入力」、「インテリアドバイザー」、「表示オプション」、「おすすめページ」、「検索結果」、「ポップアップ表示」、「サムネイル」、「ドリルダウン」、「キーワードランキング」等のサイト内検索MARS FINDERの検索結果ページでご利用できるサービス(機能)についてのご紹介や、文書がPDFの場合のPDFビューアMARS UNIVERSAL VIEWERでの「文書内検索」、「各種機能」、「表示オプション」、「サムネイル」、「ページ」等のPDFビューアMARS UNIVERSAL VIEWERでご利用できるサービス(機能)について、ご紹介させていただいています。ご紹介させていただいている内容以外にも、サイト内検索MARS FINDERは、ソリューションとして多くの機能の導入実績があります。サイト内検索MARS FINDERのサービス(機能)についてご不明な点や、ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
TOP > ニュース > PyCon JP 2014に R&D部の山下勝司が登壇します

Python Conference Japan 2014に、弊社R&D部の山下勝司が登壇します。

イベント情報:2014年7月16日

「Python Conference Japan 2014」(以下 PyCon JP 2014)に、弊社R&D部の山下勝司が登壇します。

PyConは、Pythonユーザが集まり、PythonやPythonを使ったソフトウェアについて情報交換、交流をするためのカンファレンスです。 PyCon JPの開催を通じて、Pythonの使い手が一同に集まり、Pythonにまつわる様々な分野の知識や情報を交換し、新たな友達やコミュニティとのつながり、仕事やビジネスチャンスを増やせる場所とすることが目標です。

PyCon JP 2014:イベント概要

●チュートリアル 2014年9月12日(金)
●カンファレンス 2014年9月13日(土)・14日(日)
●開発スプリント 2014年9月15日(月・祝)
●会場 プラザ平成(東京)
●テーマ Pythonで再発見
●参加者数(予定) 500
●参加費 EarlyBird(早割) 7,500円
学生 5,000円
一般 10,000円
●運営 PyCon JP 実行委員会 PyCon JP 2014 運営チーム
●Webサイト https://pycon.jp/2014/

「Pythonとscikit-learnではじめる機械学習」

近年、スパムフィルタリング、レコメンデーション、画像認識、検索エンジン、広告配信システムなど、様々な分野で機械学習の技術が利用されています。機械学習のアルゴリズムは正しく利用すれば大きな効果が期待できますが、アルゴリズムは理論的に高度なものが多く、正しく実装することは容易ではありません。しかし、Pythonにはscikit-learnと呼ばれる機械学習ライブラリが用意されており、scikit-learnを利用することで、複雑なアルゴリズムを手軽に利用することが可能です。

本セッションでは、機械学習およびscikit-learnの紹介を行い、さらにスパムフィルタの理論的な解説とともに、Pythonとscikit-learnを利用したスパムフィルタの実装例を示します。

●トーク 山下勝司, 株式会社マーズフラッグ R&D部
●日時 2014年9月14日(日) 13:40~14:10
●場所 Conference Room 1
●詳細 https://pycon.jp/2014/schedule/presentation/22/

Page TOP

製品情報

詳しくはこちら

■MARS FINDER

基本性能の高さが高評価のサイト内検索サービス。検索ユーザをアシストする工夫も満載で、欲しい情報にすぐ辿り着けます。

■MARS QUALITY

Webサイトをクロールし、問題点を自動で発見するWebサイト品質チェックサービス。Webサイトのポテンシャルを発揮させるための改善ポイントを可視化します。

■MARS UNIVERSAL VIEWER

PDFを専用アプリなしで高速に表示するウェブアプリケーション(ASP)。検索結果からPDFの該当ページをワンクリックで表示します。

NEWS | RECRUIT | CONTACT | PRIVACY POLICY | SITE MAP
MARS FLAG Corporation. All rights reserved.