TOP > 検索ソリューション > プロダクツサーチ ソリューション > ヤマハ発動機株式会社様

プロダクツサーチ ソリューション 導入企業インタビュー

ヤマハ発動機株式会社 様

導入内容

ヤマハ発動機 ライブラリー キャプチャ
ヤマハ発動機株式会社

ヤマハ発動機株式会社

広報宣伝部 WEBグループ グループリーダー

橋本 耕 様

経営に貢献する製造業のWebサイトとは

2011年からWebサイトリニューアルの検討を開始し、直営販売店やECサイトを持たない製造業であるヤマハ発動機のWebサイトの役割や目的は何か、どのように会社に貢献していくのかを考えました。そして、Webサイトリニューアルの目標を「お客様の購入支援」や「自社ブランディングの強化」を通じて「企業価値の最大化に貢献できるWebサイト」を構築すること、としました。

当社では世界中で151のグループ会社Webサイトあります。

グループ会社にできなくて、本社のWebサイトがやれるブランディングは何なのか?いくつかアイディアが出た中で、過去に世界中で販売した膨大な数に及ぶ製品の画像や製品データを全て集め、お客様と効果的に共有できる仕組みにより、従来よりもお客様とのつながりを強化し、検索を使ってヤマハ発動機のいろいろなジャンルの製品やコンセプトを伝えるコンテンツの制作に踏み切りました。

しかし、各事業部が保有している画像とその製品データを使った検索サービスの構築はどこに頼めば良いのか分からず、悩んでいました。

そのような時に、Webサイト上の画像を検索する類似画像検索ソリューションのマーズフラッグの構築実績を思い出し、相談しました。

急遽設定した打合せでしたが、実装に向けた具体的なプランをいただけたことに加え、ソリューション検索の実績があったこともあり、私は、迷わずお願いすることにしました。

APIでデータ提供可能な検索サービスを構築

「企業価値の最大化」を目指すプロダクトブランディングコンテンツ「ライブラリー」の構築・運用にかかる社内工数を削減したいと考えていました。そこで、マーズフラッグと相談し、使用する製品画像、スペック情報等のデータは容易に更新可能なデータフォーマットで利用できるように開発を依頼しました。

また、デザイン重視でブランディングを考慮したUIが必須であったため、UIと検索エンジンの開発を分離し、検索サービスをAPI経由で利用できるように設計・構築をすすめてもらいました。

そして機能面では、検索ユーザが短時間で情報を見つけやすくするため、キーワード検索機能と並列してキーワードを使用せず複数の切り口から検索ができるファセット検索機能を実装しました。

更に、キーワード検索では、検索窓に入力中のキーワードをリアルタイムに補助するインテリ・アドバイザー(サジェスト)機能を実装しました。これらの機能により、お客様が最小限の操作で、かつ、最短時間で欲しい情報を得られる仕組みが確立され、お客様に使いやすい検索を実現しました。

インテリ・アドバイザー(サジェスト)機能

ファセット検索

副次効果

「プロダクツサーチソリューション」の導入により、製品データはExcelをデータフォーマットとして使用したので、他のコンテンツよりも更新作業が容易になり、負担の少ない運用を実現しました。また、以前は社内イントラで制限された環境に画像は管理されていましたが、誰もが見れるWeb上に公開したことで、簡単に閲覧できるようになったため、社内からも高い評価を得ています。また、私も知らないところで思わぬ業務改善にもつながっているようです。

世に送り出した製品の画像は企業の大切な遺産です。グループ会社や事業部門が管理するには限界があり、消失の恐れもあります。企業遺産を守れるのは本社の広報宣伝部しかありません。今回、このコンテンツ「ライブラリ」を公開することで、現場から画像を集めるという目的を作ったのです。

今後は、海外で生産され販売されている製品の追加や抜けている画像の収集に力を入れ、ソーシャルメディアとの連携などを進め、プロダクトブランディングコンテンツ「ライブラリー」を活性化し、お客様とのつながりを更に強化したいと考えています。

会社概要

お客さま名: ヤマハ発動機株式会社

所在地: 〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500

URL: http://global.yamaha-motor.com/

⇒ プロダクツサーチ ソリューション へもどる

お問い合わせ

検索ソリューションに関するご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ

Page TOP